下手のよこ好き陶芸記録


カテゴリ:お出かけ( 60 )



入笠山

先週の土日は学生時代の友人6人で入笠山に仲間の一人が持っている山小屋に行きました。
建てて20年以上経つのに皆初めてです。
前から話は聞いていたものの、先日の同期会の折「いったいいつ呼んでくれるの?」という話になり、やっと実現しました (*^^)v
行ってみると入笠湿原の入口から徒歩1分、ベランダの目の前の針葉樹からはサルオガセが下がり、飲み水はすぐ横の渓流からくみ上げていて、その水のおいしかったこと!
甘露とはまさにこのことでした。
夜は十三夜の月を眺めながら薪ストーブを焚き、
湿原の目の前とは言ってもすぐ傍まで車で行けるので荷物の心配もなく、
のんびりと飲んで、素敵な仲間に何度も乾杯。
全員45年前からの付き合い。やはり昔からの友達は良いものです。
おかしかったのはあけっぱなしなので、蛾がけっこう入り込み、
オーナーから「気になるならこれで」と本格的な捕虫網を渡され、
やってみたけれど捕れませんでした (>_<)

入笠湿原の風景です。朝は少し霧がかかりました。
e0085133_23143414.jpg

以下は湿原に咲いていた花。
エゾリンドウ
e0085133_2316074.jpg

ワレモコウ
e0085133_23175414.jpg

ウメバチソウ
e0085133_2319090.jpg

アケボノソウ
e0085133_23201555.jpg

ノコンギク
e0085133_232171.jpg

ヤマハハコ
e0085133_2322448.jpg

サワキキョウ
e0085133_23235823.jpg

ちょっと背景が風情がありませんが、高原蝶のキベリタテハ
e0085133_2325686.jpg


他にもヤマトリカブト、マツムシソウなどたくさんのお花が咲いていました。
[PR]
by kyoko5346 | 2011-09-16 23:53 | お出かけ | Comments(0)


益子へ行きました。

「台風が来ていて、何も畑仕事ができないから」と今週は行かないことになり、
やむなく本焼きは延期することにしました (--〆)

月曜日は益子へ「太田幸博&太田菜摘親子展」を見に行って来ました。
tea bowl blues:太田さんのブログ
菜の花と猫:娘さんのブログ
会場と作品の写真がたくさん出ています。
益子は友達の車で一度行ったことはあるのですが、
春秋の陶器市の度に「行きたいけれど遠いなぁ。。。」と二の足を踏んでいて、
今回親子展があることを知った時もどうしようか迷っていました。
でも「私は一体何年前から行きたいけど。。。と言い続けているんだろう?」
と急に自分でイヤになり、娘さんは益子では初めてということもあって
一大決心(というほどでもないか。。。)して行ってきました。
いつも私の駄作を登り窯に入れてくださるのですが、
地震でこわれた登り窯はまだ修理ができず、今回新しく焼いたものは全部ガス窯とのこと。
益子の町では無事な窯はほとんどなかったそうです。
とっても素敵なギャラリーで、この階段をのぼって行くと展示スペースがあります。
e0085133_23491786.jpg

e0085133_23494289.jpg

太田さんの器は和食洋食何にでもよくあって使いやすく、
ウチでは特に娘たちのお気に入りで、いろいろと愛用しています。
今回はこの四角い鉢をゲット。
その日の夕食から活躍しています。
e0085133_012846.jpg

車も考えなくはなかったのですが、ペーパードライバーを返上したといっても
まだスーパーカー(注:スーパーにしか行かない車のこと)(@_@;)
とても運転して行く勇気はなくて電車にしました。
益子駅前には焼き物の町らしく大きな壺が飾ってあり、
e0085133_041145.jpg

真岡線はいかにもローカル線らしく1両きりでこんな車体でした。
e0085133_044387.jpg

しかもその日は偶然SLの運転日で目の前で汽車を見ることもできました。
e0085133_061514.jpg

いやあ暑かったし、遠かった!3回乗り換えて片道3時間かかりました。
でも行ってよかった~!。
娘さんは残念ながらお会いできませんでしたが、
作風は似ているけれどやさしくてかわいい器でした。
これからが楽しみですね♪
この次はお会いできますように。
[PR]
by kyoko5346 | 2011-07-20 00:06 | お出かけ | Comments(8)


社会科見学

2月1日は元の職場の友達と「社会科見学」(*^_^*)
まずは何十年も東京に住んでいても入ったことのない国会議事堂へ。
事前申し込みが必要で、よくテレビで見る会議場の中や赤いじゅうたん、
天皇陛下の御休所や板垣退助や大隈重信、伊藤博文の銅像も見ることができました。
銅像のある中央広間は塔まで吹き抜けになっていて、4人目の像は台座だけでした。
見学はどこかの小学生と警察学校生が一緒のグループで、内部は撮影禁止。
おなじみの外観ですが、いつも上のほうを遠くから見るだけなので
りっぱな正面の柱などは初めてでした。
見学者入口の小さな売店では総理大臣の似顔絵を描いた「国会ねじれ餅」や「(小泉)シンジロウ(信じろ)せんべい」、菊の御紋付きのガマ口なんかお土産に売ってました (@_@)
e0085133_11491196.jpg

そのあと溜池通りまで歩いて芸能人のお宮参りなどで有名な日枝神社に。
学校を卒業してすぐに1年間この近くに勤めていたことがあるのですが、
周りのビルも神社の鳥居も建物も新しくなっていて、全然方角が分りませんでした。
薪能を見に行ったのも、もう40年以上前のことになってしまいました(年がバレル。。。)
e0085133_1149366.jpg

屋外に長いエスカレーターがあり、その反対側本殿横のお稲荷さまへはこんな赤鳥居のトンネルが。
寄進の日付は全部平成8年だったので、その頃にできたようです。
e0085133_11495534.jpg

午後は国会図書館の見学。
中の食堂でランチを食べて(これは勝手に)、職員の方が説明と案内をしてくださいました。
仕事をしている頃には納本も送っていたし、
図書館間貸し出しを利用したり、複写を申し込んだりずいぶんお世話になりました。
本館も研修などで何度か来てはいるのですが、表の利用者入口は学生時代以来。
入口近くのベンチにはこんな等身大のブロンズ像が。これは学生時代にはありませんでした。
e0085133_11502318.jpg

見学コースは一気に昭和61年に出来た新館の地下9階へ。
これは地下9階から地上中庭の天窓を見上げたところです。
e0085133_11514129.jpg

地下書庫の中ではカウンターで申し込まれた雑誌等を利用者に渡すために
各階で見つけては箱に入れて黙々と働いている人たちがいました。

梅の花は都心よりも善福寺公園のほうが早く咲き始めているようです。
e0085133_11532254.jpg

[PR]
by kyoko5346 | 2011-02-03 12:31 | お出かけ | Comments(1)


ジブリ美術館

朝のお散歩仲間と、「近いのに行ったことないネ」と急に話がまとまり、
おばさん3人で急遽三鷹の森ジブリ美術館に行って来ました。
ここができた頃には子供たちはそこそこ大きくなっていて「私たち、お友達と行くから。。。」と親は行き損ねていたのでした。
ウチからだと自転車で15分、吉祥寺まではしょっちゅう行くのにまだ行ったことなかったのです。
思ったより小さくてちょっとしたお屋敷ぐらいの広さなのに、
いろんな仕掛けがしてあって、とっても楽しい場所でした。
受付には大きなトトロが座っていたり、屋上庭園には巨大なロボット兵。
e0085133_10355336.jpg

鳥かごみたいな螺旋階段を上るといきなり3階に出てしまったり、空中を横切る橋がかけてあったり、本当に迷子になりそうで、狭い感じは全然ありませんでした。
中は撮影禁止だったのでホームページを見てくださいね。
中庭の東屋には手で動かすポンプがあって
e0085133_10365622.jpg

下水のフタはこんな顔。
e0085133_10372632.jpg

手洗い場のタイルもカラフルでした。
e0085133_10375080.jpg

ここでしか見られない20分の映画をやっていて、作品を作るお部屋の展示も楽しくて
お土産も危険なぐらい素敵なものがたくさんありました。
[PR]
by kyoko5346 | 2011-01-19 11:02 | お出かけ | Comments(5)


角川庭園と郷土博物館

東京もやっと秋らしい日が続くようになりました。
お天気の良い日を狙って、昨年開園した角川庭園と杉並区郷土博物館に行きました。
目的は「角川源義ー出版・俳句・学問への熱意ー」
学生時代4年間で角川先生のご講義は卒論と分野が重なっていたこともあり、
一番好きな授業でした。
大きな出版社の社長でありながら熱心な学究の姿勢にはいつも敬服していました。
その先生の旧邸が区に寄贈され公開されて以来、近いこともあり一度行って見たいと思っていました。今回郷土博物館で特別展があるというので、自転車で。
e0085133_129259.jpg

ウチのすぐ近くの善福寺公園からは川沿いにず~っと遊歩道があり、なかなか素敵な道なのです。
やっと少し紅葉してきました。
e0085133_1210337.jpg

↓これがお住まいになっていた「幻戯山房」。お人柄が偲ばれるすっきりしたお家でした。
e0085133_12112252.jpg

明るい庭には桔梗が満開。
e0085133_12121298.jpg

ちょうどお昼だったので、近くの橋のたもとに見つけたパン屋さん:ツェルマットで軽くランチ。
全然知らないお店だったのですが、流れてくるパンの香りで「ここのパンは絶対おいしいゾ」と直感。天然酵母で干しイチジクとクルミの入ったパンは絶品でした。
イートインで食べるとちゃんと温めて切って、すてきな籠に盛ってあり、
生クリームも買ったあとで詰めてくださって大感激。
またお天気の良い日に行ってみようっと。自転車で30分ぐらいかな?
e0085133_12124876.jpg

途中で大宮八幡宮に敬意を表して参拝。
あまり優等生ではなかったけど、いちおう神道学部のある学校でしたので (#^.^#)
e0085133_12135143.jpg

郷土博物館には出土した土器や、古民家もあって、こんな機織り機もありました。
e0085133_1215726.jpg


昨日は善福寺公園で、「トロールの森」というイベントが始まり、いろいろな催しがありました。
手作りのカフェもあって、秋のお天気を満喫。
これは「踊れ『かっぽれ』」奴さんとか桃太郎など、なかなか楽しい踊りでした。
e0085133_12162960.jpg

そして善福寺ご近所FMの「ラジオ88」のライブ紙芝居、『黄金バット:決闘!善福寺池』
出演者もミキサーも脚本家もみんなご近所の友達ばかりで、私は「観客その1」(@_@;)
いやぁ、すごいパワーでした。
e0085133_12165761.jpg

面白かった~! 11月23日までなので、くわしくはこちらのページで見てくださいネ。
トロールの森2010
[PR]
by kyoko5346 | 2010-11-04 12:55 | お出かけ | Comments(4)


結婚式

10月31日(日)は、陶芸教室の元アシスタント、いろいろとお世話になったAちゃんの結婚式でした。
式場は鎌倉の鶴岡八幡宮。正殿階段下の舞台での挙式で、参列していなくても新郎新婦の様子がよく見えました。
心配した台風も行ってしまい、少し早目の七五三のご家族や参拝客も大勢。
大風で倒れてしまって再生中の大銀杏(画面左、朱色の垣根の向こう)も無事に育っているようです。
e0085133_211929.jpg

伴奏は生の雅楽の笙や太鼓で、由緒ある舞台、まさに正統派の神前結婚式でした。
花嫁さんの内掛けと髪にかざったお花が良く似合って、
もともと可愛いAちゃん、お人形さんみたいでした。
なにより2人の幸せそうな笑顔でこちらまで幸せな気分になりました (#^.^#)
e0085133_21215669.jpg

e0085133_21222517.jpg

末永くお幸せにね~!
[PR]
by kyoko5346 | 2010-11-01 21:32 | お出かけ | Comments(4)


戸栗美術館、牛久沼

先週のこと「古伊万里展」を戸栗美術館でやっているというので、行き方を調べてみました。
昭和62年に作られたという比較的新しい美術館で一度も行ったことはありません。
e0085133_14225839.jpg

HPを見ていたら「10月14日は創設者のメモリアルデーにつき入館料無料」とのこと、
「これはこの日に行くしかない!」とさっそく出かけました。
渋谷の高級住宅街、松濤にある瀟洒な建物でした。入り口はこんな雰囲気。
e0085133_14174438.jpg

展示室3室だけのこじんまりした美術館でしたが、磁器の系譜をよく整理してあって
説明も要領を得て親切で、なかなか見応えのある展覧会でした。

土曜日は元の職場の友達と牛久沼へウォーキング。
e0085133_1418949.jpg

水辺公園にはコスモスがたくさん咲いていて、皇居のお濠から譲り受けたというコブハクチョウがいました。
e0085133_14182960.jpg

なんでもここは「うな丼発祥の地」とか、国道沿いには大きなうなぎやさんが7軒も並んでいて
「うなぎ街道」と呼ばれているそうです。炭火で焼いたうなぎはと~ってもおいしかった!
食後はテクテクと歩いて、このあたり出身の画家、小川芋銭(おがわ うせん)という人の旧家や「河童の碑」を見てきました。
e0085133_14184965.jpg

なにかのコマーシャルにあった「沼と湖の違いは?」「河童がいるかいないかヨ」というフレーズを思い出して妙に納得 (@_@;)
沼から牛久駅までは乗車賃100円のコミュニティバス(1日5本!)に乗って、歩いた場所を確認しながら戻り、日暮里経由で帰宅。
お天気も良くて久しぶりにあった友達とおしゃべりして、気持ちの良い1日でした。
[PR]
by kyoko5346 | 2010-10-19 14:46 | お出かけ | Comments(2)


富士山

なんと富士山に登って来ました。
前から一度登りたいと思っていたのですが、「もう一度行ったからいいわ」とか「あそこは見る山で登る山じゃない」とかなかなか付き合ってくれる人がおらず、何年か経っていました。
そしたら急に娘Nが「私も行って見たい!」と言い出して2人で登ってきました。娘も山登りと言えば昨夏高尾山のビアガーデンまで歩いて登ったくらいしかないし、私もあまり高い山は登ったことないので、「ガイド付き温泉付き初心者コース」のバスツアーに申し込みました。バス2台分、約60名の団体に3人のタフなガイドさんがついて至れり尽くせり、年齢層もマチマチで「私だけオバサン?」の心配は一応外れました。
夜9時頃に8合目の山小屋に到着、寝返りも打てないくらいギュウギュウで仮眠して午前2時には出発。夜中に登って行く時は満天の星で天の川まで見えたのに、残念ながら御来光は見えず飛行機から見るような雲海でした。
e0085133_13424098.jpg


でも正直なところキツかったです(>_<) 用意していった酸素ボンベは使わなかったけど「空気が薄いって苦しい!」を実感。文字通り杖にすがって、立ち止まる度に深呼吸しての登頂でした。
5合目までの道路はもちろん、登山道まですごい人で渋滞しているし、夜中もヘッドランプ(初体験!)がアリの行列のようでした。
頂上の久須志神社です。
e0085133_13561778.jpg

それに下山道の歩きにくいこと、モモと膝がガクガクです。娘Nは登りは比較的元気だったのに下り始めたとたんにバテて「もう二度と行かない!」と言ってます。6合目あたりまで下りてきてから雨に降られたのもキツかった。上にいる時でなくて幸いでしたが、後で連れて行ってもらったお風呂♨のうれしかったこと。。。
確かに「2度行くバカに行かぬバカ」かもしれませんネ(>_<) 私も一度登って気が済みました。
若者との体力の差も実感。登っている時も大変だったけれど帰って来て2日目の今日突然バテました。
[PR]
by kyoko5346 | 2010-08-04 14:11 | お出かけ | Comments(4)


日本民芸館

近所の友達から招待券をいただいたので、駒場の日本民藝館へ「朝鮮陶磁:柳宗悦没後50年記念展」を見に行きました。白磁をはじめ安宅コレクションをしのぐような名品がたくさんあって、見応えのある記念展でした。先日ルーシー・リー展で見た白磁壺に似た壺もいくつもありました。合わせて濱田庄司等の図録で何度も見た作品もあって、由緒ある建物とマッチした大きな甕に梅雨の晴れ間の暑さも忘れるほどでした。
e0085133_1319667.jpg

せっかくここまで来たのだから、近代文学館も見て行こうと思ったのですが、なんと「特別整理日」とかで今週5日間連続休館(@_@)→シラベテコナイオマエガワルイ!
しかたないので、駒場公園内にある旧前田侯爵邸を見学してきました。
駒場公園は旧前田家の敷地を公園にしたそうです。
昭和4年築の洋館と別に和館もあって、戦前の上流階級のお屋敷です。
e0085133_1337854.jpg

こちらは撮影OKだったので、「婦人室」をパチリ (*^^)v
e0085133_13272968.jpg


↓先週末、道の駅で梅酒用の青梅が1キロ300円、「安い!」とさっそく買いこんで、やっと梅酒を漬けました。
南房総は今枇杷があふれているので、これも道の駅で買ってきましたが、加工するのはもったいなくてこのまま食べました。みずみずしくて甘くておいしかった~!
e0085133_1332145.jpg

続いて梅干しも漬けたし、ドクダミも刈ったし、やれやれです。
でも今日は扇風機を出さなくては。。。
[PR]
by kyoko5346 | 2010-06-17 13:43 | お出かけ | Comments(0)


島根に行きました

「代休がまとめてとれたから付き合って」と娘に言われて、突然山陰へ旅行に行きました。
まずは世界遺産の石見銀山、古い街並みとマブと呼ばれる銀を掘った穴に入りました。
整備されて電気もついていましたが、ちょっと怖かった。。。
e0085133_23161324.jpg

益田の医光寺、雪舟庭園のしだれ桜。ソメイヨシノより早く咲くようで、なかなか風情のある木でした。
今回の旅行は満開の桜を期待していたのですが、寒い日が続いてどこもあと一歩 (>_<)
このしだれ桜が一番咲いていました。
e0085133_23193930.jpg

津和野の町、着いた時はもう夕方だったのでほとんど人がいませんでした。
名物の「源氏巻」の作り立て、暖かいのを買って頬張ったらサクサクでとってもおいしかったです。
萩にも行きたかったのですが、昔行ったことがあるのと、かなり遠いので津和野までであきらめました。
e0085133_2316413.jpg

そして出雲大社、現在は60年に一度の遷宮の準備中でしたが、神楽殿のしめ縄でも充分に大きかったです。
このおみくじと絵馬の全部に必死のお願いごとが書いてあると思うとちょっと恐ろしい。
e0085133_23181533.jpg

このあたりの神社はどこも古くて威厳があります。これは国宝の須佐神社。
e0085133_2323344.jpg

ちょっと鳥取県に入って最近話題の境港市の「水木しげるロード」にも行きました (@_@)
本当は港の松葉蟹が目当てで、中海を隔てて大山がよく見える露天風呂にも入りました。
「妖怪ロード」は、駅前商店街をそのまま大改造して、妖怪の大小のブロンズ像がたくさんとお店が並んでいます。土産のおまんじゅうから地酒、絵入りのトイレットペーパーまで鬼太郎や目玉おやじをはじめとする妖怪キャラであふれていました。
マンホールのフタも妖怪の絵で、入浴剤に至るまで名前が「血の池地獄」!タクシーの車灯も目玉おやじで、豆菓子を買うと鬼太郎のちゃんちゃんこ模様の黄色と黒の袋に入れてくれる、という徹底ぶりです。
私のイメージではもっと品の悪い(?)感じを想像していたのですが、ブロンズ像もりっぱなもので「ここまでやるとあっぱれ!」という感じです。充分楽しませてもらって「町おこし」としてはかなりの成功例だと思いました。
e0085133_23235559.jpg

そして松平公の居城松江城。天守閣にも登りましたが、お濠の橋の下をくぐって行く「堀川めぐり」の船が楽しかったです。
「さくら祭り」の期間だったのですが寒くて五分咲きくらい、残念ながら満開にはなっていませんでした。桜の満開にめぐり合うのは難しいです~。
e0085133_23242460.jpg

[PR]
by kyoko5346 | 2010-04-03 00:10 | お出かけ | Comments(6)

    

定年退職を機に長年の憧れだった自分の窯(ガス)を持ちました。かけた釉薬とか土の記録メモも兼ねています。雑草大好きなので花便りも。
by kyoko5346
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
excite以外のリンク
いつも私の駄作を焼いてくださる益子の陶芸家のブルースなブログ
tea bowl blues

ご近所の仲良し、パズル作家の
おいしいブログ。
青い島と街角

タダののんべぇではない
トモゾウさんのブログ
飲人ともぞー心の一句

北海道の雰囲気がいっぱい!
michiko world

素敵な花と陶器がいっぱい、lilaさんのブログ 気ままにハンドメイド

とにかくパワフル、waiwaiさんのブログ
まじめに遊ぼう!「旅と人と器と」

陶芸も映画も読書も、とっても物知り。はなこころさんです。
みみかほう

幸せいっぱい。教室の元アシスタント彩ちゃんのブログ。Home Sweet Home

陶芸とスキーが大好きなおさるさんのブログ おさるの工房

ワイキキの旅行会社で働く好奇心旺盛なちぐささんのブログハワイ最新情報 姫庵のつぶやき

犬の預かりボランティアもしているまいぱんさんの愛犬との日々まいぱん日記

八王子に穴窯をお持ちの陶芸家、川合牧人氏のブログ
そったく窯

南房総の隠れ屋敷「典膳」 ウチとは御殿山のちょうど反対側になります。
典膳


最新のコメント
>waiwai さま、 ..
by Kyoko5346 at 13:32
kyokoさんの記事を読..
by waiwai at 14:58
>waiwaiさま、 ..
by Kyoko5346 at 22:10
陶風鈴、難しそう~ ..
by waiwai at 16:09
>toyoko さま、 ..
by Kyoko5346 at 16:48
お暑うございます。 ふ..
by toyokoID at 17:16
>waiwaiさま、 ..
by Kyoko5346 at 22:59
蓋ものって何気に便利です..
by waiwai at 20:11
>toyokoさま、 ..
by Kyoko5346 at 23:10
さくらさん像もあるとは知..
by toyokoID at 08:27
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のトラックバック
五斗蒔土の八角皿
from 下手のよこ好き陶芸記録
フクロウ植木鉢
from 下手のよこ好き陶芸記録
椿絵
from 下手のよこ好き陶芸記録
緋だすき、リベンジ? (..
from 下手のよこ好き陶芸記録
おかめひょっとこ (22..
from 下手のよこ好き陶芸記録
作品展2つ
from 下手のよこ好き陶芸記録
ポット
from 下手のよこ好き陶芸記録
また雪。。。
from 下手のよこ好き陶芸記録
スヌードできました。
from 下手のよこ好き陶芸記録
黒泥に飴釉 (20-1)
from 下手のよこ好き陶芸記録
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧