下手のよこ好き陶芸記録


カテゴリ:椚窯から( 75 )



やっばり和紙染め (28-2)

とりあえず和紙染めにはこだわるぞ~と思っています。
が、今回スノコをのせる大きめの皿にすっかり足をとられてしまい、新らしい模様を考えるどころではなく(涙)
問題はデザイン力の無さなのですが、
月見ウサギが意外と気に入ってくださる方が多いので、
もっぱらウサギだらけ (^-^;
バカの一つ覚え?
e0085133_15284050.jpg
大きいほうが約19㎝、両方とも土灰釉です。
小さなお皿も作りました。直径約10㎝。
絵付けに使った和紙は同じ物なので、お皿とのバランスがビミョー。
次回はもう少し小さなウサギも作ってみます。
e0085133_23043286.jpg
マグカップ自体はまぁまぁだったのですが、
呉須が濃すぎたのか、片方の釉薬がウサギの上だけはじかれてしまい、
やむなく1個は階段下の見切り品に(涙)。
e0085133_22502259.jpg
和紙染めにすると釉薬がどうしても
透明釉か土灰釉になってしまうので、ちょっとマンネリかもしれません。



[PR]
by Kyoko5346 | 2016-05-17 23:23 | 椚窯から | Comments(2)


竹細工とのコラボ(28-1)

春の陶芸展ギリギリに本焼きした今度の窯、
見切り発車もあって、文字どおり死屍累々
(ちょっと大げさ)
直径25㎝の皿がやっと轢けたとおもったら、
ロクロから外した途端にへたったり、
乾かしている間に割れてきたり、
自分の下手ぶりを思い知らされた時期でした。
更に窯詰め直前に割れたり、焼き上がったらフチにヒビが入っていたり。。。。
二重にかけた釉薬が溶けて棚板にくっついたのもありました(汗)

e0085133_11443188.jpg

e0085133_11502522.jpg
そして窯を開けてからドロナワで六目の篭と
e0085133_11593450.jpg
e0085133_12003901.jpg

18㎝のスノコを編みました。
皿が思ったより縮んでしまって、用意してあった
20㎝のスノコでは、大きすぎたのです(汗)。
e0085133_12024568.jpg
e0085133_12030029.jpg
20㎝のスノコが残ってしまったので、今度はもう一度
直径25㎝の皿に挑戦しなくては。

[PR]
by Kyoko5346 | 2016-05-07 21:37 | 椚窯から | Comments(2)


お玉たて(27-4)

前回「このまま春になりそう」なんて書いたら、月曜日から大雪。
おまけに冷蔵庫の中にいるような寒さです。
e0085133_21105308.jpg
善福寺の池も殆ど全面凍結。
e0085133_21115236.jpg
雪は綺麗ですが歩くのが大変です。
散歩は必須。
e0085133_21130621.jpg

随分間が開いてしまいましたが、前回の窯の残り。
右側のはフチにヒビが入ってしまったので、強引に四角く切って角皿に(汗)
e0085133_11445820.jpg

花と葉っぱのお玉たては少し大きすぎました。
便利なので友だちにあげると喜ばれるのですが、
意外に難しくてなかなか思う通りにできません。
白御影に土灰釉
e0085133_11455562.jpg

[PR]
by Kyoko5346 | 2016-01-20 21:06 | 椚窯から | Comments(2)


和紙染、テリア (27-3)

ルーレットにテリアの和紙染を組み合わせた鉢、
土灰釉でこれを灰色っぽくしたくて強還元をかけたのです。
e0085133_22254572.jpg

こちらは同じ模様でウチのサラダボウル。
直径も高さも計って作ったけど、
やっぱりワキのカーブとかが微妙に揃いません。
うーん、まだまだ▫▫▫
e0085133_22365120.jpg
↑このテリアのモデルはテリの前にいたわんこ、
ウェスティのミルクです。
e0085133_22472168.jpg
「私は純粋の雑種で親も生年月日も分からないけど、
芝犬とテリア(ジャックラッセル?)は入ってるみたい。
だからテリーヌって名前になったの。
でもテリちゃんの絵は上手く描けない、
ってお母さんがいつも言うよ。」

冬の初めは赤い実の季節。
童謡にあるように実を食べた小鳥が同じ色になるのなら、
村中赤い色の小鳥であふれそうです。
こんなにたくさんは珍しいので、まずカラスウリ。
e0085133_22425107.jpg
トベラ。黄色い実が割れると中に赤い種?
e0085133_22493087.jpg
御殿山登山口の美男カズラ。
回りの小さな実がとれるとヤマボウシの実にそっくりです。
e0085133_22510103.jpg
鳥さんたちの大好物、モチノキ。
e0085133_22541441.jpg
センリョウはほとんどないけど、マンリョウは林の中にたくさん自生しています。
e0085133_23132507.jpg
この日も夕焼けが綺麗で見とれていたら、
あっという間に日がくれてしまいました。
早く冬至が過ぎれば良いなぁ。
e0085133_23093104.jpg



[PR]
by Kyoko5346 | 2015-12-09 22:22 | 椚窯から | Comments(4)


和紙染、月見ウサギ (27-2)

春の教室作品展に来てくれた友達の注文の鉢、すぐに作ったもののなかなか窯が焚けず、半年もお待たせしてしまいました。
e0085133_22111163.jpg
やっぱり心配で2個つくりました。左の土は白御影です。
この月見うさぎは数少ない私の模様の中では一番人気。
最初のモデルはピーターラビットの兄弟のカトンテイルだったのですが、
いつの間にか2羽になりお月見するようになりました。
ウサギは和紙染なのでいつも同じです。
同じ模様の小皿、なかなか大きさがそろいません。
e0085133_22221014.jpg

今年は水仙が早くて、11月の中旬から咲き始めました。
右手奥は伊豫ヶ岳、お天気が良いと、この正面に富士山が見えることもあります。
e0085133_22291937.jpg

秋だというのに桜が咲いてます。
この桜は毎年今頃花をつけて、春にもたくさん咲いてくれます。
e0085133_22403929.jpg

[PR]
by Kyoko5346 | 2015-12-02 22:06 | 椚窯から | Comments(4)


近江グレー土 (27-1)

娘の友だちが体験で作った物も何ヵ月も待たせているし、
作品展の時に「こちらの模様でこちらの形の平鉢が欲しい」
と言ってくれた友人のも、すぐに作ったもののまだ焼いてないし、今回は急いで焼きました。
窯詰めの時に撮り忘れたので、これは窯を開けた時です。
e0085133_22292262.jpg
出したところ。
e0085133_22302317.jpg
しかし、近江グレー土の色がグレーのつもりだったのになぜか赤茶色。
確かに酸化焼成が良いと聞いていたけれど、020.gif1号透明釉だから還元でも大丈夫かな?と思ってました。
まさかこんな色になるなんて。

e0085133_22395418.jpg
竹カゴとコラボをめざして重ね掛けした還元織部も
なぜか還元の時の織部の色。
e0085133_22421122.jpg
e0085133_22425057.jpg
e0085133_22434572.jpg
今回和紙染めに土灰釉が多いので、濃いめにしたくて強還元かけたので、そのせいでしょうか?

本焼きの次の日は恒例のゆっくり散歩。
コスモスがキレイでした。
e0085133_22492608.jpg
 
リクエストにお応えして、ウチのほったらかしの多肉ちゃん。
鉢は何故かお嫁に行き損ねているカモさんです。
e0085133_22543659.jpg

[PR]
by Kyoko5346 | 2015-10-28 22:12 | 椚窯から | Comments(4)


やっと素焼き、が ▫ ▫ ▫

夏にあまりの暑さにサボってしまったのと、25㎝のお皿にすっかり時間をとられて
なかなか窯が一杯になりません。
これでは「犬親会」にも「友だちの食器棚乗っ取り作戦」にも間に合わない! と方針変更。
六つ目籠に入れる一輪挿しを作って、やっと素焼きにこぎつけました。
e0085133_13174437.jpg
しかしこの一輪挿し、作ってから5日も乾かしたのに
お天気が悪かったせいかちゃんと乾いてなかったようです。
温度が300度くらいの時に、窯の上部で「ボスッ!」という鈍いイヤな音。
火口を確かめたのですが、炎の形に異常はなかったのでそのまま焚き続けました。
翌日窯を開けてみると案の定、最後に作った一輪挿しが破裂していました。
それも3個も(涙)。
e0085133_13254059.jpg
まぁ、娘の友だちのが無事で、不幸中の幸いでした。
そもそも下手なくせに焦って焼くとロクなことはありません。
でも来週急いで釉掛けして本焼きします。
今度は無事に焼き上がりますように。

e0085133_13334777.jpg
素焼きの火を止めたところにご近所 (でも歩くと7‚8分) から、
「シイタケがたいへんなことになってるから、もらってくれないか」と電話があり、
車で行ってみるとヒトの顔くらいもある大きなシイタケがほだ木からニョキニョキ。
一番手前のが普通サイズでザルは梅干用のです。
今頃のはすぐ黒くなってしまうので、適当な大きさに切って冷凍庫に入るだけ冷凍し、
あとは大きなお鍋で煮てしまいました。ヤレヤレ┐(´∀`)┌
香りが良くて美味しかったです。 
でもまだたくさんあります。料理方法をネットで検索しなくては。

今年は柿もアケビも大豊作。
おいしそうだけれど、柿は甘柿か渋柿か分からないし、
アケビもなかなか手が届く高さにはなっていません。
e0085133_13480322.jpg

でもありがたいことに両方ともご近所からたくさんいただきました。
実りの秋ですね。

[PR]
by Kyoko5346 | 2015-10-22 13:09 | 椚窯から | Comments(2)


ご無沙汰しました。

9月の初めにテリがトラブルに巻き込まれ、
対応に追われている間に10月になってしまいました。
でも家族と友達の手助けのお陰でなんとか解決、テリも元気になりました。
持つべきものは友だちです。
テリからも有り難う。
気を取り直して久々のブログ更新です。
e0085133_19051196.jpg

そうこうしているうちに、すっかり秋も深まり良い季節になりました。
これは散歩道の釣り鐘ニンジン、秋の色ですね。
e0085133_19065500.jpg
ススキも今が盛りです。
e0085133_19072921.jpg
 
これはモシャモシャの白髪になった仙人草、
名前に納得。
e0085133_19080252.jpg
そして少しは陶芸もやっていました。
25㎝の皿がちっとも上手く行かず、チマチマと手びねりで作った花入れ。
蕎麦用の皿とスノコの次は、六つ目編みの籠と花入れのコラボをめざす予定です。
e0085133_19100229.jpg

[PR]
by Kyoko5346 | 2015-10-10 19:03 | 椚窯から | Comments(6)


焼締め壺 (26-3)

イメージは弥生式土器だったので、焼締めに。
でも水が浸み出すのはイヤなので、中だけ透明釉をかけてあります。
還元焼成。
e0085133_2393055.jpg


犬の里親会用の湯呑。信楽(荒)に和紙染めです。
e0085133_2310558.jpg

同じくティーバッグ置き。
e0085133_23413517.jpg


そして今回の目玉のはずだったのですが、竹灰を約1年間水にさらして漉したものを
さらにフルイをとおして、試しに透明釉に混ぜてみました。
あくまで実験ですが、穴窯土にかけてみた結果は、ガックリ。
これではほとんど白御影土に透明釉をかけたのと変わりません。
みるからに灰の粒子が大きいし。。。
山ほどある竹の灰をなんとか釉薬に使える方法はないものでしょうか。。。?
e0085133_23364522.jpg

















e0085133_2337877.jpg
[PR]
by Kyoko5346 | 2015-08-16 23:24 | 椚窯から | Comments(2)


水仙皿 (25-7)

水仙の花は大好きだし、椚窯のまわりは水仙の名所なので、
なんとか素敵な絵を描きたいのですが、なかなか難しいです。
葉は和紙染めで花のみ下絵具で塗ったのですが、花と葉のバランスがちっともとれません。
e0085133_1582571.jpg

近江グレー土に白化粧、透明釉で2枚作ったら、素焼き前に1枚のフチに小さなヒビを発見。
せっかく上手く削れたのに諦めきれず、四角くカット (@_@;)
「諦めない作陶を目指すゾ!」なんて、我ながら未練たらしい・・・
でもそのほうが模様がはっきり出たりするので、皮肉なものです。
e0085133_1584562.jpg


こちらは椿の絵と反対に、結構気に入っていただける月見ウサギの小皿。
先日の作陶展でも、「椿の絵の鉢の形でウサギの模様のが欲しい。」と
友達が言ってくれたので、18cmの浅鉢で製作中です。
忘れないうちに早く完成させなくては。
e0085133_1591895.jpg


先週の日曜日は娘が切符を入手してくれて、
汐留の四季劇場「海」へミュージカル「アラジン」を見に。
ロビーに飾られていたディズニーから贈られたランプ。
e0085133_1510637.jpg

ここのミュージカルは、セリフが全部聞き取れて、ハッピーエンドで、
なによりダンスが素晴らしいので、安心して家族や友達と見に行けます。
主役の俳優の名前もよく分らないけれど、
心おきなく夢の世界に浸れるというのは、商業演劇としてのステイタスだと思います。
深刻な演劇も良いけれど、けっこう疲れたりするので・・・
「ジーザスクライスト」(あの頃は路線が全然ちがっていたけれど)から始まって、
「キャット」 「ライオンキング」 「リトルマーメイド」 と、ミュージカルはかなり見ています。
ちなみに今回の主役、ランプの精のジーニー (この日は萩原隆匡)はとってもステキでした。
[PR]
by Kyoko5346 | 2015-07-18 15:57 | 椚窯から | Comments(6)

    

定年退職を機に長年の憧れだった自分の窯(ガス)を持ちました。かけた釉薬とか土の記録メモも兼ねています。雑草大好きなので花便りも。
by kyoko5346
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
excite以外のリンク
いつも私の駄作を焼いてくださる益子の陶芸家のブルースなブログ
tea bowl blues

ご近所の仲良し、パズル作家の
おいしいブログ。
青い島と街角

タダののんべぇではない
トモゾウさんのブログ
飲人ともぞー心の一句

北海道の雰囲気がいっぱい!
michiko world

素敵な花と陶器がいっぱい、lilaさんのブログ 気ままにハンドメイド

とにかくパワフル、waiwaiさんのブログ
まじめに遊ぼう!「旅と人と器と」

陶芸も映画も読書も、とっても物知り。はなこころさんです。
みみかほう

幸せいっぱい。教室の元アシスタント彩ちゃんのブログ。Home Sweet Home

陶芸とスキーが大好きなおさるさんのブログ おさるの工房

ワイキキの旅行会社で働く好奇心旺盛なちぐささんのブログハワイ最新情報 姫庵のつぶやき

犬の預かりボランティアもしているまいぱんさんの愛犬との日々まいぱん日記

八王子に穴窯をお持ちの陶芸家、川合牧人氏のブログ
そったく窯

南房総の隠れ屋敷「典膳」 ウチとは御殿山のちょうど反対側になります。
典膳


最新のコメント
イタリアンできましたね!..
by toyokoID at 08:22
>waiwai さま、 ..
by Kyoko5346 at 23:11
わ~ほんとだ~レストラン..
by waiwai at 15:32
あ~行きたかった~ 来年..
by waiwai at 10:18
ご無沙汰です。おさぼり中..
by toyokoID at 11:11
>waiwai さま、 ..
by Kyoko5346 at 23:35
残念無念~! この時期..
by waiwai at 09:48
>waiwai さま、 ..
by Kyoko5346 at 21:46
kyokoさんお怪我の調..
by waiwai at 16:41
>waiwai さま、 ..
by Kyoko5346 at 10:35
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のトラックバック
五斗蒔土の八角皿
from 下手のよこ好き陶芸記録
フクロウ植木鉢
from 下手のよこ好き陶芸記録
椿絵
from 下手のよこ好き陶芸記録
緋だすき、リベンジ? (..
from 下手のよこ好き陶芸記録
おかめひょっとこ (22..
from 下手のよこ好き陶芸記録
作品展2つ
from 下手のよこ好き陶芸記録
ポット
from 下手のよこ好き陶芸記録
また雪。。。
from 下手のよこ好き陶芸記録
スヌードできました。
from 下手のよこ好き陶芸記録
黒泥に飴釉 (20-1)
from 下手のよこ好き陶芸記録
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧