下手のよこ好き陶芸記録


カテゴリ:椚窯から( 80 )



近江グレー土 (27-1)

娘の友だちが体験で作った物も何ヵ月も待たせているし、
作品展の時に「こちらの模様でこちらの形の平鉢が欲しい」
と言ってくれた友人のも、すぐに作ったもののまだ焼いてないし、今回は急いで焼きました。
窯詰めの時に撮り忘れたので、これは窯を開けた時です。
e0085133_22292262.jpg
出したところ。
e0085133_22302317.jpg
しかし、近江グレー土の色がグレーのつもりだったのになぜか赤茶色。
確かに酸化焼成が良いと聞いていたけれど、020.gif1号透明釉だから還元でも大丈夫かな?と思ってました。
まさかこんな色になるなんて。

e0085133_22395418.jpg
竹カゴとコラボをめざして重ね掛けした還元織部も
なぜか還元の時の織部の色。
e0085133_22421122.jpg
e0085133_22425057.jpg
e0085133_22434572.jpg
今回和紙染めに土灰釉が多いので、濃いめにしたくて強還元かけたので、そのせいでしょうか?

本焼きの次の日は恒例のゆっくり散歩。
コスモスがキレイでした。
e0085133_22492608.jpg
 
リクエストにお応えして、ウチのほったらかしの多肉ちゃん。
鉢は何故かお嫁に行き損ねているカモさんです。
e0085133_22543659.jpg

[PR]
by Kyoko5346 | 2015-10-28 22:12 | 椚窯から | Comments(4)


やっと素焼き、が ▫ ▫ ▫

夏にあまりの暑さにサボってしまったのと、25㎝のお皿にすっかり時間をとられて
なかなか窯が一杯になりません。
これでは「犬親会」にも「友だちの食器棚乗っ取り作戦」にも間に合わない! と方針変更。
六つ目籠に入れる一輪挿しを作って、やっと素焼きにこぎつけました。
e0085133_13174437.jpg
しかしこの一輪挿し、作ってから5日も乾かしたのに
お天気が悪かったせいかちゃんと乾いてなかったようです。
温度が300度くらいの時に、窯の上部で「ボスッ!」という鈍いイヤな音。
火口を確かめたのですが、炎の形に異常はなかったのでそのまま焚き続けました。
翌日窯を開けてみると案の定、最後に作った一輪挿しが破裂していました。
それも3個も(涙)。
e0085133_13254059.jpg
まぁ、娘の友だちのが無事で、不幸中の幸いでした。
そもそも下手なくせに焦って焼くとロクなことはありません。
でも来週急いで釉掛けして本焼きします。
今度は無事に焼き上がりますように。

e0085133_13334777.jpg
素焼きの火を止めたところにご近所 (でも歩くと7‚8分) から、
「シイタケがたいへんなことになってるから、もらってくれないか」と電話があり、
車で行ってみるとヒトの顔くらいもある大きなシイタケがほだ木からニョキニョキ。
一番手前のが普通サイズでザルは梅干用のです。
今頃のはすぐ黒くなってしまうので、適当な大きさに切って冷凍庫に入るだけ冷凍し、
あとは大きなお鍋で煮てしまいました。ヤレヤレ┐(´∀`)┌
香りが良くて美味しかったです。 
でもまだたくさんあります。料理方法をネットで検索しなくては。

今年は柿もアケビも大豊作。
おいしそうだけれど、柿は甘柿か渋柿か分からないし、
アケビもなかなか手が届く高さにはなっていません。
e0085133_13480322.jpg

でもありがたいことに両方ともご近所からたくさんいただきました。
実りの秋ですね。

[PR]
by Kyoko5346 | 2015-10-22 13:09 | 椚窯から | Comments(2)


ご無沙汰しました。

9月の初めにテリがトラブルに巻き込まれ、
対応に追われている間に10月になってしまいました。
でも家族と友達の手助けのお陰でなんとか解決、テリも元気になりました。
持つべきものは友だちです。
テリからも有り難う。
気を取り直して久々のブログ更新です。
e0085133_19051196.jpg

そうこうしているうちに、すっかり秋も深まり良い季節になりました。
これは散歩道の釣り鐘ニンジン、秋の色ですね。
e0085133_19065500.jpg
ススキも今が盛りです。
e0085133_19072921.jpg
 
これはモシャモシャの白髪になった仙人草、
名前に納得。
e0085133_19080252.jpg
そして少しは陶芸もやっていました。
25㎝の皿がちっとも上手く行かず、チマチマと手びねりで作った花入れ。
蕎麦用の皿とスノコの次は、六つ目編みの籠と花入れのコラボをめざす予定です。
e0085133_19100229.jpg

[PR]
by Kyoko5346 | 2015-10-10 19:03 | 椚窯から | Comments(6)


焼締め壺 (26-3)

イメージは弥生式土器だったので、焼締めに。
でも水が浸み出すのはイヤなので、中だけ透明釉をかけてあります。
還元焼成。
e0085133_2393055.jpg


犬の里親会用の湯呑。信楽(荒)に和紙染めです。
e0085133_2310558.jpg

同じくティーバッグ置き。
e0085133_23413517.jpg


そして今回の目玉のはずだったのですが、竹灰を約1年間水にさらして漉したものを
さらにフルイをとおして、試しに透明釉に混ぜてみました。
あくまで実験ですが、穴窯土にかけてみた結果は、ガックリ。
これではほとんど白御影土に透明釉をかけたのと変わりません。
みるからに灰の粒子が大きいし。。。
山ほどある竹の灰をなんとか釉薬に使える方法はないものでしょうか。。。?
e0085133_23364522.jpg

















e0085133_2337877.jpg
[PR]
by Kyoko5346 | 2015-08-16 23:24 | 椚窯から | Comments(2)


水仙皿 (25-7)

水仙の花は大好きだし、椚窯のまわりは水仙の名所なので、
なんとか素敵な絵を描きたいのですが、なかなか難しいです。
葉は和紙染めで花のみ下絵具で塗ったのですが、花と葉のバランスがちっともとれません。
e0085133_1582571.jpg

近江グレー土に白化粧、透明釉で2枚作ったら、素焼き前に1枚のフチに小さなヒビを発見。
せっかく上手く削れたのに諦めきれず、四角くカット (@_@;)
「諦めない作陶を目指すゾ!」なんて、我ながら未練たらしい・・・
でもそのほうが模様がはっきり出たりするので、皮肉なものです。
e0085133_1584562.jpg


こちらは椿の絵と反対に、結構気に入っていただける月見ウサギの小皿。
先日の作陶展でも、「椿の絵の鉢の形でウサギの模様のが欲しい。」と
友達が言ってくれたので、18cmの浅鉢で製作中です。
忘れないうちに早く完成させなくては。
e0085133_1591895.jpg


先週の日曜日は娘が切符を入手してくれて、
汐留の四季劇場「海」へミュージカル「アラジン」を見に。
ロビーに飾られていたディズニーから贈られたランプ。
e0085133_1510637.jpg

ここのミュージカルは、セリフが全部聞き取れて、ハッピーエンドで、
なによりダンスが素晴らしいので、安心して家族や友達と見に行けます。
主役の俳優の名前もよく分らないけれど、
心おきなく夢の世界に浸れるというのは、商業演劇としてのステイタスだと思います。
深刻な演劇も良いけれど、けっこう疲れたりするので・・・
「ジーザスクライスト」(あの頃は路線が全然ちがっていたけれど)から始まって、
「キャット」 「ライオンキング」 「リトルマーメイド」 と、ミュージカルはかなり見ています。
ちなみに今回の主役、ランプの精のジーニー (この日は萩原隆匡)はとってもステキでした。
[PR]
by Kyoko5346 | 2015-07-18 15:57 | 椚窯から | Comments(6)


和紙染め (25-6)

犬の模様の和紙染め。
ルーレットの線に沿ってテリアを置いたのですが、
模様としてはもう少し犬が小さいほうが良かったかも。
e0085133_22551321.jpg

同じく犬の和紙染めのマグカップ。
e0085133_22554157.jpg

葉っぱだけ和紙そめにした椿。
ツバキは大好きなのですが、なぜか椿絵は皿も鉢も人気がありません。
e0085133_23133084.jpg


散歩途中に、タマムシのオス発見。
なんともキレイ、実物を見たのは何十年ぶりかしら?
法隆寺の玉虫の厨子に使われている昆虫です。
実際には色あせているそうですが、この羽が1000年以上たっても残っているのはすごいですね。
e0085133_2371711.jpg

[PR]
by Kyoko5346 | 2015-07-09 23:16 | 椚窯から | Comments(4)


シノギ (25-5)

ちょっと大きめの花入れが欲しくて、作ったけれど、う~ん、重い。
いったいいつになったら薄く上手にロクロを挽けるようになるのやら?
思い切って大きくシノギ目を入れてしまいました。
軽くはなったけれど、動機が不純・・・
赤土1号に乳白釉、高低が目立つように釉薬をふき取って。
e0085133_11374563.jpg


こちらは一輪挿しで細めのシノギを削ったけれど、
近江グレー土はこういう細工には合わないのを納得。
e0085133_1138273.jpg


愛用していた蚊取り線香立てが欠けてしまったので、前と同じ形でグッとシンプルに。
でもちょっとつまらないので、お魚の重しをつけました。
長持ちするように、出来るだけ直径の大きい線香を買うと、これでギリギリです。
e0085133_11382776.jpg


早いものでもう7月、7月といえばネムの花。フワフワと咲く感じが大好きです。
e0085133_14124931.jpg

これも夏の花、ヒメヒオウギスイセンも咲き始めました。
e0085133_14141245.jpg


テリはこの頃私が畑で草取りをしている間、まったりと道を行く車を眺めています。
e0085133_1416043.jpg

[PR]
by Kyoko5346 | 2015-07-03 14:20 | 椚窯から | Comments(6)


五斗蒔土 (25-4)

売れ残りの土を格安でゲットした五斗蒔土、黄瀬戸と織部が合うと聞いたので、
このために酸化の窯を焚きました。
まずはぐい飲み2個。
e0085133_16575799.jpg

e0085133_1722447.jpg

そして花入れ。重ね掛けはなかなか思うようにいきません。
e0085133_16592334.jpg

いつものマンボウのスプーンレスト。一番上のまっ黒なのは黒マットです。
e0085133_1744520.jpg

ワンコ模様のティーバッグ置き。犬の里親会のフリーマーケットに寄付しました。
左下は近江グレー土です。
e0085133_176367.jpg


忙しいことは続くもので、今週は兵庫県の叔父が亡くなって、
日帰りが無理だったので相生で1泊。
朝知らない町を歩いてみました。幼稚園のある、町の教会。
e0085133_1794791.jpg

ペーロンという5月のお祭りが有名だそうで、マンホールのフタにもその絵が。
警察の前でこの写真を撮っていたら警官に職務尋問(?)されちゃいました。
黒い服を着たみるからによそ者のおばさん、目立っちゃったかな?
ついでにお祭りの説明をしてもらいました (*^^)v
e0085133_17108100.jpg


母が生まれ育った田舎のお寺。叔父は16代目の住職だったそうです。
e0085133_17152914.jpg

[PR]
by Kyoko5346 | 2015-06-26 17:18 | 椚窯から | Comments(8)


またしても擂り鉢 (25-3)

作品展にはまたしても擂り鉢を出しました。
これは酸化の窯で焼いた分です。
lilaさんのマネッコで白いすり鉢。
貫入土に乳白釉です。
e0085133_13163110.jpg

こちらは赤土1号に黒マット。
e0085133_13172476.jpg

これも赤土1号に乳白釉。
e0085133_13181642.jpg


擂り鉢は欲しいと言って下さる方が結構いるので、調子にのっていくつも作っちゃいました。

梅雨に入ってお隣の梅をいただいたので、ダブ付き気味の梅酒は今年は漬けず
ブランデー梅酒を2本だけ漬け、のこりの1,5kgでわが家のマイボトル
「梅味噌」と、台北ですっかりハマった「茶葉梅」にも挑戦中。
e0085133_13191640.jpg

「梅味噌」は梅の実と砂糖と味噌を同量重ねて1年間寝かせるだけ。
肉を焼いた時のソースや、お酒や油を加えてドレッシングにと、重宝しています。
ただ一度作ると長くあるので、あまり度々は作りません。
そろそろストックに先が見えて来たので、何年かぶりに作ることにしました。
「茶葉梅」はお茶受けにみょうにおいしかったので、作ってみることに。
砂糖漬けにしてあとからウーロン茶の茶葉を加えるらしいのですが、
おいしくできたかどうか分るのは3か月先です。

梅雨の花と言えばホタルブクロ。今年もたくさん咲きました。
e0085133_13202113.jpg

[PR]
by Kyoko5346 | 2015-06-19 13:36 | 椚窯から | Comments(6)


お櫃ーその2 (26-2)

lilaさんをマネッコして作ったおヒツ、実は2個作ってこちらが最初のです。
でも同じサイズのフタがなかなかできず、ここまで作るのに四苦八苦 (@_@;)
e0085133_11595019.jpg

それで前回の飴釉は、かぶさるフタにしてしまいました。
こちらは還元織部、土は古信楽(荒)です。

写真では黒く見えますが、上と同じ還元織部。土が赤土です。
e0085133_12142100.jpg

娘に「大きなポットを作って」と言われたのですが、私のウデでは無理。
これでカップ2杯分しか入りません。

3枚大中小セットで作った椿のお皿と組むつもりで小皿を。
昔好きで買った白椿の小皿をマネしたのですが、
やはり花は白化粧より、絵具で描いたほうがはっきりしますね。
e0085133_1234059.jpg

[PR]
by Kyoko5346 | 2015-05-17 12:08 | 椚窯から | Comments(8)

    

定年退職を機に長年の憧れだった自分の窯(ガス)を持ちました。かけた釉薬とか土の記録メモも兼ねています。雑草大好きなので花便りも。
by kyoko5346
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
フォロー中のブログ
excite以外のリンク
いつも私の駄作を焼いてくださる益子の陶芸家のブルースなブログ
tea bowl blues

ご近所の仲良し、パズル作家の
おいしいブログ。
青い島と街角

タダののんべぇではない
トモゾウさんのブログ
飲人ともぞー心の一句

北海道の雰囲気がいっぱい!
michiko world

素敵な花と陶器がいっぱい、lilaさんのブログ 気ままにハンドメイド

とにかくパワフル、waiwaiさんのブログ
まじめに遊ぼう!「旅と人と器と」

陶芸も映画も読書も、とっても物知り。はなこころさんです。
みみかほう

幸せいっぱい。教室の元アシスタント彩ちゃんのブログ。Home Sweet Home

陶芸とスキーが大好きなおさるさんのブログ おさるの工房

ワイキキの旅行会社で働く好奇心旺盛なちぐささんのブログハワイ最新情報 姫庵のつぶやき

犬の預かりボランティアもしているまいぱんさんの愛犬との日々まいぱん日記

八王子に穴窯をお持ちの陶芸家、川合牧人氏のブログ
そったく窯

南房総の隠れ屋敷「典膳」 ウチとは御殿山のちょうど反対側になります。
典膳


最新のコメント
>waiwaiさま、 ..
by Kyoko5346 at 15:46
きれいな紅葉ですねぇ! ..
by waiwai at 09:57
>waiwai さま、 ..
by Kyoko5346 at 15:39
やっぱり女性の元気は ..
by waiwai at 16:40
わ~~ kyokoさん..
by waiwai at 16:36
>michさま、 さす..
by Kyoko5346 at 14:12
巾着田のヒガンバナ、見事..
by mich at 08:26
>waiwai さま、 ..
by Kyoko5346 at 15:18
わ~初めて見るカンナの形..
by waiwai at 14:20
>waiwai さま、 ..
by Kyoko5346 at 13:32
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のトラックバック
五斗蒔土の八角皿
from 下手のよこ好き陶芸記録
フクロウ植木鉢
from 下手のよこ好き陶芸記録
椿絵
from 下手のよこ好き陶芸記録
緋だすき、リベンジ? (..
from 下手のよこ好き陶芸記録
おかめひょっとこ (22..
from 下手のよこ好き陶芸記録
作品展2つ
from 下手のよこ好き陶芸記録
ポット
from 下手のよこ好き陶芸記録
また雪。。。
from 下手のよこ好き陶芸記録
スヌードできました。
from 下手のよこ好き陶芸記録
黒泥に飴釉 (20-1)
from 下手のよこ好き陶芸記録
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧