下手のよこ好き陶芸記録


カテゴリ:竹細工( 8 )



麻の葉編みの花入れ

初めて教えてもらった「麻の葉編み」
難しくて四苦八苦。
やっと不恰好でデブだけど本体がなんとか出来た、
と思ったのですが、今度は取っ手で一体何日かかったやら。
取っ手は「8の字編み」と言って、ヒゴをさらに3枚に薄く剥いでネジって、というもの。
3枚に剥ぐのがどうしても上手く出来ず、
何本もムダにした結果、青竹しか残っていなくて、やっとなんとか。
取っ手だけ色が違うのはそのせいです。
ま、時間がたてば同じ色になるはず。
中のおとしを陶器で作成中。
e0085133_21232332.jpg

ここに、2、3日暖かくて、河津桜も満開。
e0085133_22185316.jpg
ということは、杉の花粉もピークということで、
ポケットティッシュが必需品です。
e0085133_22260087.jpg


[PR]
by Kyoko5346 | 2017-02-15 21:20 | 竹細工 | Comments(2)


フキノトウ

フキノトウが出始めました。
e0085133_23060923.jpg
春の足音、さっそく蕗味噌にしました。
足音ではなくて、春の香りですね
ところでこの入れ物になっているザルは、
台北に行ったとき買って来たのを
真似っこして作ったものです。
帰ってきてすぐに作ったのですが、すっかり忘れていました。
e0085133_23081778.jpg
下はそのお手本。
日本ではあまり見かけない編みかたがきれいで買って来ました。
e0085133_23094223.jpg
2つ並べてみると、レベルの差は歴然(冷や汗)
力づくで形にしたものの、歪んでるし、隙間があいてるし、ヒドイものです。
e0085133_23105976.jpg

e0085133_20195440.jpg
四年前の誕生日に植えてもらった河津桜がやっと咲きました!
蕾はたくさんふくらんでいるけど、咲いたのはまだたったの1個。
上のほうなので、これ以上きれいに写らない。
でもウレシい\(^_^)/

[PR]
by Kyoko5346 | 2017-01-24 20:05 | 竹細工 | Comments(2)


風車

竹細工の教室に地元の中学生に竹細工を教える、
という依頼がありました。
私は都合で参加できなかったのですが、
教える物は覚えておきたい、と習ったのがこのかざぐるま
ファンヒーターの風でもカラカラと回ります。
e0085133_17574443.jpg
ヒゴは6本だけで2段階編むだけなのですが、
ひとつ間違えるとバラけてしまいます。
なかなか口ではうまく説明できませんが、
苦労してなんとか出来上がりました。
生徒たちは皆ひとつづつ自分のかざぐるまを
作り上げて持って帰ったそうです。

善福寺公園ではアートイベント
「トロールの森」の真っ最中。
近所の友だちとやっているラジオ88でも
カフェをやったり「黄金バット」の劇をやったり
11月の日曜祝日は大忙しです。
ウチはカフェに協力、娘たちと飲み物の手配をしたり
手造りのケーキを焼いたり。
看板も娘Nの手造りです。
e0085133_17475192.jpg
白い衣装の男性は主役の黄金バット。
今年の劇は、昨年のダイダラボッチに続いて
こんな巨大な龍が登場。
e0085133_18041232.jpg
毎度おなじみの可笑しさで、
毎年楽しみに見に来て下さる方もいらっしゃるようです、
他にもいろんなパフォーマンスや出し物で賑わいます
e0085133_18001485.jpg

これは先日の「池のほとりの遊歩音楽会」
本格的な歌手と韓国のチャング、
サックスの生演奏でした。
e0085133_17482998.jpg
公園のトロールの森も、カフェは20日(日)と23日(祝)でおしまい。
お芝居も23日(水、祝)でおしまいです。
お近くにいらっしゃる機会があったら、
お散歩がてら覗いてみて下さいね。


[PR]
by Kyoko5346 | 2016-11-16 17:55 | 竹細工 | Comments(3)


まな板

なんだかあっというまに秋になっちゃいましたね。
e0085133_07305627.jpg
空地も作物を作っていない畑もセイタカアワダチソウの大群落。
e0085133_20240411.jpg
繁殖力の強さと花粉アレルギーですっかり嫌われものですが、なかなか綺麗な花だと思います。
これはアキチョウジ?
いつものお散歩道にたくさん咲き始めました。
e0085133_20362215.jpg

先週娘M が友達の結婚式で着物を着ました。
振り袖は着ないと言うので
じゃあ、帯はうんと派手に可愛くネ、
と美容院で結んでもらいました。
美容院も子供たちが小学校の時からの
家族ぐるみのお付き合いなので、
娘みたいなものよ!と駅まで車で送っていただきました。
ありがたや~‼
さすがプロに着付けてもらうと違いますネ♪
e0085133_07342174.jpg


道の駅でイチョウのまな板を売っていました。
ただの四角い板で、サイズは色々でしたが、ウチで使ってるのと同じ大きさのがありました。
以前合羽橋にまな板を買いに行ったとき、
イチョウのは高くて買えなかったのです。
陶芸教室の皆でプレゼントした秋田ヒバのまな板が
5年ぐらい(?)経つのにほとんど黒くなっていなかったので、考えた結果買ってしまいました。
ところが厚さが4㎝もあって、今までのスタンドには入りません。
でも自分で立っていることはできそうです。
ならば、水がきれていれば良いのかな?
と、竹の切れはしを使ってこんな物を作りました。
e0085133_22080306.jpg
そこにドンと立てれば、こんな感じで収まりました。
e0085133_13460291.jpg

[PR]
by Kyoko5346 | 2016-10-26 20:19 | 竹細工 | Comments(4)


盛りザル

ザルを製作中。ヒゴは4㍉幅、厚さ0.5㍉で、92本。
ここまで何週間かかったことか。フ~‼
なんとかタテヨコを28㎝に収めたところです。
見た目で編み方は簡単かと思いきや、
目の揃わないこと!
おまけに油断するとすぐにバラけてしまいます。
夢中でキシキシ詰めていて気がついたら中指の先と爪が痛い (>_<")
しまった、こういう時は竹の切れ端と木槌を使うんだった!
これから丸くカットして縁を付けるのですが、
上手く行かなさそうなので、次回先輩に教えてもらってからにします。
それまでは、ロクロに戻らねば。。。
e0085133_17411225.jpg

次々と来る台風でちっとも秋らしい日になりませんが、
秋の七草、クズの花が咲いていました。
e0085133_17425049.jpg
萩が盛りの頃に道端にひっそりと咲くヤブツルアズキ。
栽培されているアズキの原種だとか。
e0085133_17434850.jpg
↓ こちらはエンゼルトランペット。
きれいな花ですが、植えている人に聞くと、
どんどん増えて延びちゃうから、自分家には植えないほうが良いわヨ、とのこと。
花は似ていないけど、のさばり方が皇帝ダリアと似ているかも。
e0085133_17460952.jpg

[PR]
by Kyoko5346 | 2016-09-19 17:39 | 竹細工 | Comments(4)


六つ目編みのカゴ

先日の竹ヒゴを薄く削る道具のお陰で、
大分出来上がりがスリムになってきました。
e0085133_13345683.jpg
ただまだお手本には及ばず、
相変わらず少しデブなので、
横に回してあるヒゴが、一段足りません。
e0085133_13403902.jpg
前回の穴窯で焼いていただいた花入れに
庭のホトトギスを挿してみました。
e0085133_14354380.jpg

毎日犬の散歩で同じ道を歩いていても、
植物や動物に興味があると飽きるということはありません。
ある日突然こんな大きなキノコが生えていたり。
う~ん、絶対に食べたくない。。。
e0085133_23495269.jpg
お盆の花ミソハギが咲き誇っていたり。
ウチにも一株ありますが、こんなに立派ではありません。
e0085133_23523184.jpg
目新しい花は大抵外来種。
黄花コスモスとお盆の頃には必ず咲くタカサゴ百合
e0085133_14250579.jpg

e0085133_14342812.jpg
それにしても今日は暑いです!
最近テリの朝の散歩は
イノシシよけの電気柵がOFFになる
午前6時からです。
早く涼しくな~れ!

[PR]
by Kyoko5346 | 2016-08-09 14:30 | 竹細工 | Comments(2)


竹を薄く

竹細工はとにかくヒゴを薄く割くのが大変で、
しかもそこで手抜きをすると
確実に出来上がりに差がつくので、苦労します。
これはそのヒゴを薄く削る器具です。
e0085133_15045494.jpg
竹の本場大多喜の辺りで作ってくださる方がいると聞いて、教室の希望者数人でお願いして作っていただきました。
刃の下に竹ヒゴを差し込んで手前に引くと、
カンナをかけたように薄くクルクルと削れて、
少し上手になったような気分。
手前はヒゴを引っ張るためのラジオペンチと
厚みを測るノギスです。
さてこれで少しは上手に出来上がるでしょうか?

夫はセッセと野菜を作っていますが、
悩みは一度にたくさん出来ること。
椚窯のご近所では大抵茄子やキュウリくらいは作っているので、お裾分けもままならず。。。
保存しようとするとウチ中漬物だらけになったりします。
これは昨年教えてもらったキュウリをたくさん食べられるレシピ。
家では味が似ているので「キュウチャン漬け」と呼んでいます。
ちょっと見た目は悪いですが、タレと一緒に冷蔵庫に入れておけば1週間や10 日は充分もつし食べやすいので、しょっちゅう作ります。
e0085133_15072818.jpg
まずはキュウリ1キロを乱切りにし、
e0085133_15055081.jpg
鍋に醤油1カップ半、砂糖1カップ、 酢半カップ、
だしの素小さじ1、ショウガの千切りと鷹の爪適宜を煮立てたら、キュウリを一気に入れます。
タレが再沸騰したら、弱火で2分ほど煮て火を止め、ときどき上下を返してゆっくりさまします。
これで出来上がり❗
一晩たったころから美味しくなります。



[PR]
by Kyoko5346 | 2016-07-22 15:00 | 竹細工 | Comments(2)


六つ目編み

最近どうしてこんなに時間が足りないんだろう、
と、ちょっと悩んでます。
原因はやっぱり後先をよく考えないで
始めてしまった竹細工。
ヒゴを作るのがこんなに大変で時間がかかるとは!
「ヒゴができれば8割方できているようなもの」
と言われましたが、ここで手抜きをすると
出来上がりで必ず後悔することに。
生えている竹を伐るところからするので
当たり前なのですが、体験教室の時は
先生がヒゴを用意してきて下さったのです。
伐った竹を切って割って裂いて、
「ここまでが大変ですよ」とは確かに言われたのですが、
ウデのせいもあるけれど、こんなに時間がかかるとは!
↓これは先生が作って下さった
ヒゴの幅を決める道具。
両刃のナタが必需品です。
これで幅は決まっても、なかなか薄くなりません。
e0085133_23314324.jpg
ご近所の竹細工名人に色いろ教えてもらって、
とにかく六目編みはマスターしようと
頑張ってはいるのですが、
ヒゴが太いと出来上がりが締まらないのです。
右側が名人から見本にいただいたもの。
左側が私の割いたヒゴで作ったものです。
底が太ってしまった分、高さが低くなりました。
おまけに1周回るのに足りなくなって
やむなく横段は節のあるヒゴで回しました。
e0085133_15010340.jpg
つまりデブで寸詰まり(ToT)

11月にアップしたものと見た目は同じなのですが、
フチを付ける前の処理がまちがっていたことが分かり、
四苦八苦していました。
e0085133_23412192.jpg
なんとか陶と竹のコラボ作品をモノにしたいのですが、
まだまだ道は遠そうです。
両方とも下手で中途半端になりそうな予感。。。。
e0085133_23420365.jpg
竹以外にも畑に残って食べきれない大根をせっせと刻んで、
切り干し大根も一体何本分作ったことやら。
乾くまでに3、4日かかります。
野菜を無駄なく食べるのも、けっこう大変です。
e0085133_15344174.jpg

[PR]
by Kyoko5346 | 2016-02-07 23:30 | 竹細工 | Comments(4)

    

定年退職を機に長年の憧れだった自分の窯(ガス)を持ちました。かけた釉薬とか土の記録メモも兼ねています。雑草大好きなので花便りも。
by kyoko5346
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
excite以外のリンク
いつも私の駄作を焼いてくださる益子の陶芸家のブルースなブログ
tea bowl blues

ご近所の仲良し、パズル作家の
おいしいブログ。
青い島と街角

タダののんべぇではない
トモゾウさんのブログ
飲人ともぞー心の一句

北海道の雰囲気がいっぱい!
michiko world

素敵な花と陶器がいっぱい、lilaさんのブログ 気ままにハンドメイド

とにかくパワフル、waiwaiさんのブログ
まじめに遊ぼう!「旅と人と器と」

陶芸も映画も読書も、とっても物知り。はなこころさんです。
みみかほう

幸せいっぱい。教室の元アシスタント彩ちゃんのブログ。Home Sweet Home

陶芸とスキーが大好きなおさるさんのブログ おさるの工房

ワイキキの旅行会社で働く好奇心旺盛なちぐささんのブログハワイ最新情報 姫庵のつぶやき

犬の預かりボランティアもしているまいぱんさんの愛犬との日々まいぱん日記

八王子に穴窯をお持ちの陶芸家、川合牧人氏のブログ
そったく窯

南房総の隠れ屋敷「典膳」 ウチとは御殿山のちょうど反対側になります。
典膳


最新のコメント
>waiwai さま、 ..
by Kyoko5346 at 13:32
kyokoさんの記事を読..
by waiwai at 14:58
>waiwaiさま、 ..
by Kyoko5346 at 22:10
陶風鈴、難しそう~ ..
by waiwai at 16:09
>toyoko さま、 ..
by Kyoko5346 at 16:48
お暑うございます。 ふ..
by toyokoID at 17:16
>waiwaiさま、 ..
by Kyoko5346 at 22:59
蓋ものって何気に便利です..
by waiwai at 20:11
>toyokoさま、 ..
by Kyoko5346 at 23:10
さくらさん像もあるとは知..
by toyokoID at 08:27
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のトラックバック
五斗蒔土の八角皿
from 下手のよこ好き陶芸記録
フクロウ植木鉢
from 下手のよこ好き陶芸記録
椿絵
from 下手のよこ好き陶芸記録
緋だすき、リベンジ? (..
from 下手のよこ好き陶芸記録
おかめひょっとこ (22..
from 下手のよこ好き陶芸記録
作品展2つ
from 下手のよこ好き陶芸記録
ポット
from 下手のよこ好き陶芸記録
また雪。。。
from 下手のよこ好き陶芸記録
スヌードできました。
from 下手のよこ好き陶芸記録
黒泥に飴釉 (20-1)
from 下手のよこ好き陶芸記録
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧