下手のよこ好き陶芸記録


マグカップ (30-4)

4、5年前にマグカップを買ってくれた友達が、
「欠けちゃったから新しいのが欲しい」と言ってくれたので、窯焚き前に急いで作陶。
月見ウサギの絵柄が一番好きなので、またしても和紙染めです。
赤土1号に透明釉。
e0085133_17041206.jpg
↓こちらはなんとかなったのですが、
e0085133_17085378.jpg
前回の窯焚きから時間が経ちすぎて、
↓ (二個並んだ右側の)釉薬が縮れてしまいました。
やむなく階段下の見切り品コーナーに。
Tさん、選ぶ余地がなくてゴメンね💦
e0085133_17101340.jpg
こちらは最近凝っている黒泥に飴釉、
でもまたしても金色の斑点は現れず。
このために酸化焼成にしたのに。。。
e0085133_17113689.jpg

お隣のスモモが何故か今年は鈴生り。
毎年数える位なのに、こんなにたくさん成ったのは初めてです。
e0085133_13095101.jpg
(モチロン)採らせていただきました✌
e0085133_13111050.jpg
が、今朝(14日(木)猿の群がやって来て、ひとつ残らず盗られてしまいました。
しかも食い散らかして、樹の周りがとっても汚い。
何軒もの家でやられたようです。

いつの間にか梅雨真っ最中。
あちこちアジサイの花盛りです。
e0085133_13124425.jpg
もうひとつ大好きな梅雨の花、ホタルブクロも咲いてます。
e0085133_13151656.jpg
おまけは、道端にいきなり出ていたアミガサタケ(?)。
フランス料理では食べると聞きましたが、
あんまり不思議過ぎてとても口に入れる気になれません。
e0085133_13161952.jpg

[PR]
# by Kyoko5346 | 2018-06-13 17:01 | 椚窯から | Comments(0)


熊野

毎年恒例の学生時代からの友達との五月の旅行。
今年は卒論を頑張っていた頃からの憧れの地、熊野へ。
しかし、遠かった!
東京から名古屋まで新幹線で1時間40分、名古屋から新宮まで特急で3時間半。
本当にこんな遠いところまで「蟻の熊野詣で」と言われるほど、参拝の人が行ったのかしら?
後白河法王は本当に京都から33回も通ったのかしら?
というのが素朴な疑問。
e0085133_11434597.jpg
やっと着いた熊野本宮、しかもこの鳥居をくぐってから延々と石段が。
でも平家が全盛だった昔はもっと川の近くにあって、
水害で流されたあと、今の高台に移築されたのだとか。
元の社地には現在「国内第一」という巨大な鳥居だけが建てられています。
まさにパワースポット。
e0085133_11443711.jpg
帰りは途中下車して、熊野川の支流、北山川の瀞峡巡りのジェット船に。
両側に峡谷が迫り、瀧や深い洞窟もあり、ヤマボウシの花が盛りでした。
今年は何故かヤマボウシの花がどこもすごくたくさん花を付けていて、しかも長く咲いています。
e0085133_11455652.jpg
船から河岸の花は撮れなかったので、これは少し前に撮った善福寺公園のヤマボウシ。
娘たちは「シウマイの花」と呼んでいたそうです。
e0085133_23380659.jpg
新宮へ戻って、熊野速玉大社へ。
e0085133_23412669.jpg
境内には御神木梛(ナギ)の巨木がありました。
境内の片隅に文京区関口の旧宅を復元したという佐藤春夫記念館もありました。

その日の泊まりは紀伊勝浦の目の前だけれど、船で渡って泊まる「ホテル中の島」
なんとホテルの玄関に専用の船が横付けでした。
お風呂もロビーもお部屋もすぐ目の下が海。
お酒は地酒の「太平洋」に「熊野三山」
蔵元が同じで似たような味でしたが、どちらも美味しかった!
e0085133_12320133.jpg
3日目はいよいよ熊野古道へ。
そうは言ってもサワリを1時間ほどあるいただけですが、
石畳の道は予想以上にキツく、汗ビッショリ。
e0085133_11505919.jpg
やっとたどり着いた熊野権現と青岸渡寺は工事中で、
お詣りはできたけれど、網を被っていました。
青岸渡寺ではちょっと失敗。
ずっと神社だったので、ついかしわ手を打ってしまい、
前にいたお坊さんに「ここは打ちません!」と大きな声で叱られてしまいました。
青岸渡寺からは那智の瀧も見え、歩くとさらに急な坂道を約30分とのこと。
さすがに疲れていたし、バスのフリー切符があり、帰りの電車の時間もあるので、1駅だけバスに乗り、いよいよ那智の瀧へ。
瀧見の台まで行くと、延命長寿の水というのがあって
カワラケで瀧のお水が飲めます。
なかなか冷たくて美味しいお水だったので、
ペットボトルに入れて家までお土産に持って帰りました。
e0085133_11425593.jpg
はるばる旅をした、という感じで、充実の3日間でした。

[PR]
# by Kyoko5346 | 2018-05-28 11:40 | お出かけ | Comments(0)


炭化(籾殻) (30-3)

今回は窯に余裕があったので、さや鉢に籾殻を入れて
炭化焼成をやってみました。
田舎の良いところは、ご近所さんに「籾殻を下さい!」とお願いしておくと、ドサッと持ってきて下さることです。
もちろん時期もありますが、緋タスキに使う
餅米の藁もお願いしておくと手に入ります。
外側には釉薬を掛けず、中だけ白萩釉を掛けました。
これは近江グレー土。
e0085133_11162679.jpg

何ヵ月か前のこと、隣のオジサン(実は元町長でこの辺りではかなりの有名人)が、この湯呑み(⏬)を持ってきて、
「これがなかなか飲みやすくて使い勝手も良いので、作ってくれないか」とのこと。
高台の横に○○記念と書いてあるたくさん配られた物のようです。
なんとかなるかな?と挑戦してみたのですが、これが意外に難しく、どうみてもかなりの腕前のたぶん男性が作者。
しかも薪窯のようです。
下は薄くクチはやや分厚く、なかなか思うような形になってくれません
e0085133_13301606.jpg
他の粘土でも作ってはみたものの、お手本には程遠く
四苦八苦してしまいました。
おまけに横にして籾殻に埋めて焼いたので、形が歪んでしまいました。
これは再生土です。
籾殻の景色は悪くないのですが。。。
e0085133_11244438.jpg
挽いている途中であきらめてぐい飲みになってしまったものもいくつか。
e0085133_11315332.jpg
南房総はプロアマを問わず陶芸をやっている方も多いので、かなりレベルが高いのです。
たくさんの時間をこの湯呑みに費やして、勉強になりましたが、マダマダを思い知らされました。

[PR]
# by Kyoko5346 | 2018-05-21 14:05 | 椚窯から | Comments(2)


長皿 (30-2)

今回は竹細工のお友だちからサンマ皿を頼まれたこともあって、長皿を結構作りました。
これは教室で作った試作品。
でもこれが一番マシなでき上がりでした。
鳩が飛んでいるのは新しい図案です。
近江グレー土に透明釉と灰マット、酸化焼成です。
灰マットは意外な色になりました。
e0085133_10494979.jpg
⏬こちらは椚窯で作ったのですが、透明釉に織部。
2色がけの割合がイマイチな上に、
残念ながらフチにヒビがはいってしまい、
出品はあきらめました。
e0085133_10500852.jpg
これも椚窯で作った飴釉のサンマ皿。
大根オロシ用の仕切りをつけたのがちょっとやぼったくて後悔しました。
e0085133_10505608.jpg
でも飴釉を両端からドボがけにしたのは
意外と面白く上がったかな。
e0085133_10514376.jpg
e0085133_10521243.jpg
模様の溝は柔らかい感じにしたくて、
金具は使わず、全部私の指です(^-^;



[PR]
# by Kyoko5346 | 2018-05-09 10:47 | 椚窯から | Comments(4)


作品展無事終了

教室の作品展、月曜日で無事終了しました。
お買い上げいただいた方、見に来て下さった方
有難うございました!
皆さんに使っていただけると思うと、
また作る元気がわいてきます。
一応私のコーナーです。
e0085133_20131880.jpg
今年は竹細工の友だちにたのまれたのがきっかけで
サンマ皿をわりと作りました。
e0085133_20134250.jpg
手前の穴のあいているのは蒸し皿です。
すでにお買い上げいただいて、ないものもありますが、
これからおいおいアップしますね。

[PR]
# by Kyoko5346 | 2018-04-25 20:11 | 作品説明 | Comments(2)


教室の春の作品展、まもなくです。(30-1)

お世話になっている陶芸教室「むさしの」の
「春の陶芸展」もうすぐです。
4月18日(水)~23日(月) 
いつもの吉祥寺 Mono gallery です。    
e0085133_13020976.jpg
e0085133_13081695.jpg
一窯ぐらいはなんとか間に合う予定だったのですが、
身内に取り込みがあったり、急用が入ったりで、
結局ドロナワで本焼き。
窯を開けて持って帰ってきたものの、
下手な上に慌てて作ったのでは満足な物ができるはずもなく、反省することしきり。
でもハガキに名前も入っちゃったし、やるっきゃないですね。
昨年の売れ残りは全部階段下の均一コーナーに出して
在庫一掃を図ります。
窯詰めも夜中までかかってしまい、写真を取り忘れたので、これは翌日開けた時の写真です。
今回は織部と黒泥に飴釉があったのて、酸化焼成にしました。
余裕がありそうだったので、サヤ鉢に籾殻を試してみたら、やっぱりぎゅうぎゅうになっちゃいました。
e0085133_11551780.jpg
窯から出したところです。
e0085133_11555248.jpg
追々1箇ずつアップします。
私のはともかく、教室の先輩後輩の力作がならびますので、吉祥寺にいらっしゃる機会がありましたら、
覗いてみて下さいませ!

[PR]
# by Kyoko5346 | 2018-04-06 11:54 | 花便り他 | Comments(0)


久しぶりに窯焚き中

昨年3月に肩を傷めたこともあり、
竹細工に時間をとられたこともあって、久しぶりの素焼き。
e0085133_14235915.jpg
焼成記録を見たら、なんと1年ぶりでした(冷汗)
しかもこのまま本焼きもできるくらい中はスカスカ。
このままでは4月の教室作品展に出す物がない!と
ドロナワで窯焚き中。

何だか急に春になって、土筆もニョキニョキ。
毎年土筆狩に来るJ子さんがやって来て、
山のような収穫を背負って帰って行きました。
e0085133_14253648.jpg
そして桜の花も満開です。
e0085133_21344159.jpg

e0085133_14272289.jpg



[PR]
# by Kyoko5346 | 2018-03-28 22:25 | 椚窯から | Comments(2)


漱石山房記念館と小石川後楽園

3月10日土曜日はいつもの元の職場の仲間と
出来て間もない新宿の漱石山房記念館へ。
漱石が晩年の9年間を過ごした家だそうです。
e0085133_16253456.jpg
裏庭にはなんと「猫の塚」
それも十三重(?)の石塔
漱石の死後鏡子夫人が、他の犬や動物の供養を兼ねて造られたそうです。
今残っているのは、戦災で焼けたものを残った石で復元したとか。
e0085133_16260403.jpg
このあと小石川後楽園に行ったのですが、
雑用にとり紛れてなんと2週間経過!
ひどいものです。
せっかく書きかけたので続きを。

後楽園に戻って石造りの円月橋。
e0085133_16270697.jpg
ボケも開花まであと少し。
e0085133_16273975.jpg

e0085133_16282185.jpg
2週間前は梅が満開でしたが、昨日のテレビで
有名なしだれ桜が満開になったと言ってました。
ボランティアガイドの方が案内してくださるというので、
植物好き歴史好きの仲間はしっかり説明を聞かせていただきました。
行ったときは水戸藩の上屋敷、ということも知らなかったのに、帰る頃にはすっかり物知り気分。

これは今朝善福寺公園で撮ったソメイヨシノ。
e0085133_11391922.jpg
いつも一番最初に咲くので、仲間うちでは
「一番桜」と呼んでいます。
明後日あたりお花見で賑わいそうです。

[PR]
# by Kyoko5346 | 2018-03-23 16:24 | お出かけ | Comments(0)


早春譜

先週末暖かい日が続いて、
フキノトウはすっかり花になっていました。
e0085133_17243817.jpg
土筆も出てきました。
e0085133_17260915.jpg
そして、庭中にチンチョウゲの香りが。
e0085133_17281206.jpg
すっかり春の気分になっていたら、
昨日今日の寒さ!
春は名のみの風の寒さや、という「早春譜」の歌詞そのままです。

[PR]
# by Kyoko5346 | 2018-03-08 17:17 | 花便り他 | Comments(0)


3月ひなの月

あっと言うまに3月。
陶芸をはじめてまもない頃に作りました。
面白くてずいぶんたくさん作ったけれど、
けっこうさしあげてしまったので、
今残ってるのはこの一組だけ。
e0085133_16323178.jpg
こちらは7、8年前に雑誌に載っていたのを真似っこ。
e0085133_22385164.jpg
我が家のお雛様は7段飾りの大きな物。
実はもう何年も出してません。
最近はもっはらこの陶器のお雛様で済ませてます。

公園にに咲き始めた春告げ花、サンシュユ。
すぐに稗つき節を思い浮かべるけど、
日本に入ってきたのは江戸時代で、
那須の大八と鶴富姫の恋物語の頃には
まだなかったそうなので、
稗つき節のは山椒らしいとのこと。
でもこの花が咲き始めると春も本番。
e0085133_22393467.jpg

[PR]
# by Kyoko5346 | 2018-03-03 16:31 | 作品説明 | Comments(2)

    

定年退職を機に長年の憧れだった自分の窯(ガス)を持ちました。かけた釉薬とか土の記録メモも兼ねています。雑草大好きなので花便りも。
by kyoko5346
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
フォロー中のブログ
excite以外のリンク
いつも私の駄作を焼いてくださる益子の陶芸家のブルースなブログ
tea bowl blues

ご近所の仲良し、パズル作家の
おいしいブログ。
青い島と街角

タダののんべぇではない
トモゾウさんのブログ
飲人ともぞー心の一句

北海道の雰囲気がいっぱい!
michiko world

素敵な花と陶器がいっぱい、lilaさんのブログ 気ままにハンドメイド

とにかくパワフル、waiwaiさんのブログ
まじめに遊ぼう!「旅と人と器と」

陶芸も映画も読書も、とっても物知り。はなこころさんです。
みみかほう

幸せいっぱい。教室の元アシスタント彩ちゃんのブログ。Home Sweet Home

陶芸とスキーが大好きなおさるさんのブログ おさるの工房

ワイキキの旅行会社で働く好奇心旺盛なちぐささんのブログハワイ最新情報 姫庵のつぶやき

犬の預かりボランティアもしているまいぱんさんの愛犬との日々まいぱん日記

八王子に穴窯をお持ちの陶芸家、川合牧人氏のブログ
そったく窯

南房総の隠れ屋敷「典膳」 ウチとは御殿山のちょうど反対側になります。
典膳


最新のコメント
今さらながらにマイ窯・・..
by waiwai at 09:07
>waiwaiさま、 ..
by Kyoko5346 at 23:08
>toyokoさま、 ..
by Kyoko5346 at 23:00
こんにちは サンマ..
by waiwai at 09:46
ご無沙汰です! まずま..
by toyokoID at 10:20
>waiwaiさま、 ..
by Kyoko5346 at 23:06
作品展、お疲れさまでした..
by waiwai at 09:55
>waiwaiさま、 ..
by Kyoko5346 at 11:53
うわ~『贅沢焼き』ですね..
by waiwai at 16:30
>nonacafeさま、..
by Kyoko5346 at 11:54
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のトラックバック
五斗蒔土の八角皿
from 下手のよこ好き陶芸記録
フクロウ植木鉢
from 下手のよこ好き陶芸記録
椿絵
from 下手のよこ好き陶芸記録
緋だすき、リベンジ? (..
from 下手のよこ好き陶芸記録
おかめひょっとこ (22..
from 下手のよこ好き陶芸記録
作品展2つ
from 下手のよこ好き陶芸記録
ポット
from 下手のよこ好き陶芸記録
また雪。。。
from 下手のよこ好き陶芸記録
スヌードできました。
from 下手のよこ好き陶芸記録
黒泥に飴釉 (20-1)
from 下手のよこ好き陶芸記録
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧